初めての賃貸管理in横浜

トップ > 横浜の賃貸を管理情報 > 賃貸管理を委託することのメリットは

賃貸管理を委託することのメリットは

賃貸物件を所有している場合で、オーナーが自ら管理している場合には、賃料の集金や賃料滞納、クレームの処理、契約更新、退去時の対応などさまざまな面において自分で対処する必要があります。
自らそのような業務をこなすことが苦にならないという場合には問題ありませんが、賃料滞納やクレームの処理などに関しては、状況によってトラブルが長引いてしまうこともあります。
賃料による収入があっても、さまざまな業務に対応していくこと、クレーム処理などもこじれないようにうまく対処していくことが大切です。
しかし、入居者によっては素直に賃料を払わない、クレームが多いというタイプもいるため、そのような入居者がいると業務に時間がかかってしまいわりに合わない事態に発展してしまうケースもあるため注意が必要です。


そのような状況を回避する方法として、賃貸管理を委託するという方法があります。
自分で管理するのではなく外部に委託するため今まで面倒と思っていた業務を代行してもらうことが可能となるでしょう。
賃料の集金、賃料滞納、クレームの対応や契約更新、退去時の対応など自分で対処する必要がなくなるため、それまでかかっていた時間と手間が不要になるのはメリットといえるでしょう。
入居者とのトラブルや入居者同士でもトラブルなどがある場合にクレームに対応する必要性があっても賃貸管理を委託しておけばその点も対応してもらうことが可能となるため、時間的な負担だけでなく精神面的な負担の軽減にもつながります。
このように、さまざまな業務に関して自ら行動する必要がなく、代行してもらえるというのが、賃貸管理を委託する魅力ともいえます。


ただし、賃貸管理を委託する場合には、管理費用が発生します。
相場としてみれば家賃の5%前後といわれていますが、管理会社によってある程度違いがあります。
この点もよく考慮にいれたうえで、賃貸管理を委託するかどうか判断していきましょう。
所有する物件にもよりますが、自分で管理することが難しいという場合には無理をせず賃貸管理を委託するという選択をしてみることも大切です。
管理費用がかかりますが、自分で業務をこなす、クレームなどの処理をするなど管理において自分がどの程度時間を費やすことになるのかという点も重要なポイントです。
ある程度の費用がかかっても、自分の自由な時間を確保できるならば、そのほうがメリットが大きいという場合もあります。
横浜でも賃貸管理を行う管理会社がいくつか存在します。
管理会社の比較をしてみることで自分の状況にとって都合のいい管理会社を選択するということも大切だといえるでしょう。

▲ ページトップへ