初めての賃貸管理in横浜

トップ > 横浜の賃貸を管理情報 > 横浜で空き室や家賃滞納を回避できる賃貸管理を御願いしたい

横浜で空き室や家賃滞納を回避できる賃貸管理を御願いしたい

投資用物件でマンションを購入した場合などに気になるのは、空き室リスクや入居者が決定した後の家賃滞納リスクなどが代表的です。
どれだけ優良な物件を購入しても入居者を探してくるのは自己責任の領域になるので、入居者が決まらないことはそのまま収益に跳ね返ってくることになります。
また購入後も基本設備の補修や管理は家主の責任になるので、管理メンテナンス業務も負担することになるのです。
しかし本業を抱えながら、そのような手続きの負担を支障なくこなすのは簡単なことではありません。
このような投資用物件を所有することで収益を上げるために必要は手続きから管理まで一手に引き受けてくれるのが、不動産賃貸管理会社になります。
しかしどの会社に依頼しても満足できる結果を挙げるとは限りません。


首都東京の南側に位置する横浜は首都圏の一部を構成するものの、日本有数の住民を抱える住宅地区も抱えていることから、不動産の賃貸管理の委託についても、地域に根ざした営業を重視している地元の住宅事情に精通した不動産管理会社を選択するのはお勧めです。
またオーナー様にあっての最大の関心事は空き室リスクであることから、入居希望者の募集窓口も複数用意しているような会社が推奨されます。
仲介会社への入居希望者の誘致はもちろんのこと、各種の不動産ポータルサイトなどでも物件を掲載しているような会社であれば、幅広く入居者を募集することに繋がるので、空き室の期間をより短く投資効率を上げることも期待出来ます。
しかも月々の賃料収入を回収し延滞などが見られれば電話や督促なども提供しているので煩雑な日常業務はほぼすべてお願いすることができるのがメリットです。


これから初めて不動産賃貸管理会社への委託を検討しているとき、あるいは現行の管理会社のサービスに満足できないときには、不動産賃貸管理会社を改めて探すことになります。
いきなり受注ありきで対応するわけではなく、無料相談を提供している会社が一般的なのでそのようなサービスを利用し、現在抱えている問題点やこれから先の不安事項などを忌憚なく相談することが重要です。
相談を丁寧に行うことで問題点が明らかになり、解決の為の最適のプランの提案を受けることができるでしょう。
すでに不動産管理会社と管理委託契約を締結している場合には、2-3ヶ月の引継ぎ期間などを経て新たな不動産管理会社が委託契約に基づいて各種のサービスの提供を開始することになります。
投資用物件を入手したなら効率的に賃料収入を挙げるために、賃貸管理する会社選びにも余念のないようにするべきです。

▲ ページトップへ