初めての賃貸管理in横浜

トップ > 横浜の賃貸を管理情報 > 横浜で手間を掛けずに収益をあげるなら不動産賃貸管理会社を利用する

横浜で手間を掛けずに収益をあげるなら不動産賃貸管理会社を利用する

横浜は東京都の南側に位置し首都圏のなかでも南部に位置し、日本有数の人口密集地帯を有しており高級なハイエンドマンションから一般家庭向けのマンションなどバラエティにとんだ各種の賃貸物件が建築され、交通アクセスが良好なことから常に高い賃貸ニーズがあります。
そのおかげで投資用賃貸物件なども数多く建築されており、不動産投資が盛んな地域でもあります。
ただし賃貸物件で確実に収益をあげるには、コンスタントに入居者があり賃料も安定していることが前提条件になります。
しかも賃貸物件の日ごろの基本設備の保守保全などは家主の義務なので、借主からの修繕請求や近隣トラブルの処理などにも迫られる可能性があります。
さらに家賃滞納時の回収作業などオーナーになると言うことには様々な付随的業務を処理することも伴うことになるのです。


横浜で賃貸物件で不動産投資で安定した収益をあげるなら、これら一連のリスクや負担をいかうまく専門家の助けをかりながら実践できるのかが成否を分ける分水嶺にもなっているのです。
これらの手間を専門に取扱うのが不動産賃貸管理会社になります。
一般的に不動産賃貸管理会社では入居者の募集の為の広告活動や、賃料の回収業務に入居者同士のトラブルや光熱設備の不具合など日常的に遭遇する可能性のある事由の解決までお任せできるのが特徴です。
不動産オーナーのなかには本業を抱えていたり、賃貸物件の数が多いと個人の手に余る事態も想定されるところです。
これらの面倒な手間のほとんどを不動産賃貸管理会社に委託することができる訳です。
管理手数料については家賃あたりに一定割合を乗じた額が計算されるのが一般的です。


ところで不動産賃貸管理会社に類似したサービスを提供するものに、サブリース会社があります。
サブリースとはオーナーから物件を一括借り上げして実際の入居については転貸人に貸し出す一方で、転貸人から回収した賃料の中から一定の割合を乗じた額を報酬として収益をあげる事業になります。
一見すると賃貸管理と類似しているようにみえますが、サブリースでは完全に借主の立場に立つので利益相反する関係性に立つ可能性があり、将来的には賃料引き下げの交渉に応じざるを得なくなるリスクを抱えています。
これに引き換え不動産賃貸管理では、あくまで本人であるオーナーに代わって賃料の回収や光熱設備の保守管理などを行っているに過ぎないので、サブリースのようなリスクをオーナーが負うことが少ないのがメリットと言えます。

▲ ページトップへ