初めての賃貸管理in横浜

トップ > 横浜の賃貸を管理情報 > 横浜で信頼出来る賃貸管理の専門家とは

横浜で信頼出来る賃貸管理の専門家とは

首都圏南部に隣接する横浜では、首都圏ならではの高級賃貸マンションから都市型の賃貸物件まで数多くの賃貸オーナーがいらっしゃいます。
不動産経営で収益をあげるには良好な立地条件や交通条件のアクセスの良さなど建築場所の選定がもちろん重要ですが、完成後の賃貸管理を以下に進めるかが成否を分けるといっても過言ではありません。
完成後の入居者の募集や、円滑な賃料回収や立ち退きまでの一連の過程のどこにも落し穴が待っています。
不動産賃貸物件のオーナーの最大の関心事である賃貸料収益を安定的に継続維持するためには、賃貸管理をいかに進めるのかが常にネックになっているのです。
横浜は首都圏に属するとは言え、入居者の多くは本拠を構える個人が圧倒的に多いことにかんがみれば、地域の不動産賃貸市場に精通して地域密着型の営業方針の不動産管理会社がお勧めです。


いざ賃貸管理を始めるにあたっても、仕事の流れを知らないことにはどこの不動産会社に選ぶべきかの指針を得ることはできないでしょう。
そこで不動産賃貸管理の初歩から実践にいたるまでの過程のあらましを御紹介します。
不動産賃貸管理会社との接触の端緒は相談から始まります。
初めての不動産賃貸では不安や疑問点などが色々あるはずです。
相談をすることでそれらの初期の不安や経営を行うにあたっての想定賃料などご要望もあるので、それらの不安事項はありていにお話して疑問点を解消しておきます。
不動産賃貸管理会社はあなたの条件や要望に沿ったプランを提案してくれることになるでしょう。
相談は無料で行ってくれるので気軽に依頼してみて下さい。
賃貸管理に経験豊富な専門スタッフが、物件の希少性や管理状況や建築年数、周辺の賃料相場など必要な情報を収集してくれます。


賃貸管理の内容にご納得できれば委託して媒介契約を締結することになります。
ここに「媒介」とは入居希望者をちらしやネット広告などを通じて募集しオーナーに紹介すると言うものです。
媒介契約には専属専任媒介など3種類の中から選択し媒介契約締結となり入居者の募集が始まります。
インターネット広告や店舗を訪れたお客様に物件を紹介したりと、入居者募集の実際を代行し入居希望者が現れると申し込み手続きや審査なども管理会社が行ってくれます。
審査終了後に賃貸借契約の締結交渉に入ります。
時には入居申込者からの契約条件の折衝などを求められる場合もあるでしょう。
その際にはオーナーとしても契約内容の確認は抜かりなく行う必要があります。
特に敷金の変換条件や退去時の原状回復など、将来的に深刻なトラブルを招きかねない事項は十分確認して置くことが大事です。

▲ ページトップへ